kameplanのブログ

kameplan初! 木造実証物件 募集はじめます。

ここのところ、あっぷあっぷしていた設計業務が、ようやく落ち着いてきました。

 

kameplanでは設立以来、構造、意匠問わず、建物によりよく木を使うことで、

より暮らしの質を上げる住まいをつくることを信条に、設計活動を続けてきました。

 

しかし木造には規模、高さによって、防火、耐火構造がある程度、定型的に決められており、

せっかく木を使うのに、表に現せないことも多いのです(涙)

 

都市部の住宅密集地のほとんどは、都市防災の観点から『準防火地域』という地域に指定されていて、

その地域の中では、住宅規模の3階建ての建物はほぼ、【準耐火建築物】にする事を求められます。

木造で準耐火建築物にするためには、徹底的に木が現れている部分に石膏ボードを張り包み、

仕上をすることが一般的となっています。

 

でも、せっかく木造で建てたのに、木を見る事も、触れる事も出来ない・・・

 

続きを読む

月イチkameplan cafe 今月は2月17日(日)!!

続きを読む

クローズドモデル化された建築〜建築と不動産の狭間〜

あまりこのような後ろ向きなことを、このブログに書きたくはないのですが・・・

 

今回のレオパレスの「施工不良」とされている問題。

この問題は、非常に根深いものと捉えています。

「相続税対策」という、ある意味不動産をを入口とした、建築の問題。

建主さんが建築の素人であることにつけ込んだ、という向きもあるようですが・・・。

 

本業である住宅設計の他にも行なっている、

大規模商業施設の保全、リーシング、テナントデザイン。

設計の中で出会った地方地主さんの悩み解決。

都市部の集合住宅の計画、設計とともに考える、持続可能な大家業のありかた。

工務店フランチャイズにいた時に感じた、商品化住宅という罠。

 

それらを統合して、私はちょっと違う視点を持っています。

 

①サブリース(建て借し)という仕組みが悪なのか?

②サブリース業者と建築業者が一体でいいのか?

③そもそも、建築は相税対策になるのか?

④「施工不良」と「手抜き」と仕組まれた「詐欺」の狭間。

⑤共同住宅の「質」への関心のなさ。

⑥市場(転売)というチェック機能。

⑦クローズド化されているのは、サブリース物件だけなのか?

⑧そもそも、確認申請と検査で建物品質は確保されるのか?

 

上記8点について、ちょっと落ちついて考えてみようと思います。

それぞれの視点については、日を置いて整理して行きます。