換気も省エネに効きます

換気システムの選定は、あまり意識されないことですが、

実は結構大きな②設備の効率化にあたります。

 

効率のいいファンや、各部屋ごとに換気扇を設置することもひとつの方法ですが、

kameplanでお薦めしているのは、年中一番暖かい空気が集まる小屋裏収納等に、

家全体で必要な換気量をまかなう換気扇を設置する方法です。

こうする事で、家の中を万遍なく換気できるとともに、換気扇の能力を効率よく使う事が出来ます。

また、年中小屋裏の収納が換気できている事も、メリットのひとつです。

 

また、「熱交換型換気システム」(ロスナイ)を設置して、

換気による熱ロスを抑えることも有効ですし、

空気集熱式ソーラーシステム(OMソーラーそよ風など)は、

屋根で温めた空気を室内に送るので、暖房しながら換気が出来ると言う利点があり、

換気による熱ロスを自然エネルギーで補うことも可能です。