暖房・冷房時に効く省エネルギー

暖房・冷房時に「効く」省エネルギー手法は、何と言っても

 

①負荷の軽減  = 高断熱、高遮熱化

②設備の効率化 = 過大でない設備の選択

 

につきます。

 

断熱、遮熱性能をあげておけば、暖房、冷房時にかかるエネルギーは少なく済みます。

よく「大は小を兼ねる」といいますが、コト省エネに関してはその例えはあてはまらず、

いくら暖かいコートでも、引きずったり重すぎたりしては、着るためのエネルギーが多すぎて、

結局着ないことになってしまいます。

 

断熱性能はあとで簡単にあげることが出来ないモノですので、

新築時やリフォーム時に、建物の基礎体力を上げると考えて、充分な性能を持たせておくようにしましょう。