住まいの省エネ性能って? [平成25年基準の外皮基準について]

 

ちょっと前まで良く言われていた

『次世代省エネルギー基準』。

 

実はこの基準、いまから約15年前の

平成11年に設定された基準で、

それまで「このぐらいの厚さの断熱材を使いましょう」というような、

ほぼ全国統一の大ざっくりとした基準しかなかったものが、

全国を六地域に分け、それぞれに熱損失係数=Q値と、夏期日射取得係数=μ値が設定された、

画期的なものでした。

 

ただ『次世代』とは言っても、

建物の断熱性能だけを切り取った基準で、

それ以外の設備機器等をいくら高性能にしても、

基準に反映させることできませんでした。

 

そこで平成25年に新たに基準が改定され、

断熱性能の算出方法がが、

平均熱貫流率=UA値、平均日射熱取得率=ηA値

に改められ、

加えて、「暖房」「冷房」「換気」「照明」「給湯」「その他」の消費エネルギーをそれぞれ算出し、

地域ごと、居室面積ごとに設定された「基準一次エネルギー消費量」よりも下回ればOK、

という、より建物実態に即した基準になりました。

 

※一次エネルギーとは

基本的に自然界に存在するままの形でエネルギー源として利用されているもので、

石油・石炭・天然ガス等の化石燃料、原子力の燃料であるウラン、水力・太陽・地熱等の自然エネルギー

自然から直接得られるエネルギーのことをいう。

これに対し、電気・ガソリン・都市ガス等、一次エネルギーを変換や加工して得られるエネルギーのことを

二次エネルギーという。